マーケサーチ 乳がんをいかに克服するか 乳がん克服者の選択

特集:乳がんをいかに克服するか 乳がん克服者の選択

乳がん克服者が選択した治療統計とアドバイス集

乳がんの再発・転移をいかに克服するか

10人中9人が利用している代替医療 〜乳がん克服者を中心にリサーチ〜

マーケサーチでは、乳がんの再発・転移を克服された方々を中心にどのような治療が効果があったのか、乳がん克服の秘訣に迫るリサーチをおこないました。

昨今がん患者の代替医療の利用率は約90%にのぼり、10人中9人のがん患者が何らかの代替医療を利用しています。

そのなかでも、今回のリサーチにより、乳がんの再発・転移を克服し完治された方々の多くが共通して取り入れている代替医療の存在が明らかになりました。

今回マーケサーチでは、これらのリサーチ結果をもとに乳がん克服者の体験談を交えながら解りやすく記事にまとめました。

尚、これらのアドバイスや体験談はあくまで個人の体験に基づくものです。
すべての方に当てはまるものではないことをご理解ください。

マーケサーチ ガイドリサーチャー 高瀬博之

乳がんの転移・再発をいかに克服するか

マーケサーチ  ガイド役  高瀬博之の自己紹介

はじめまして。ガイド役を勤めさせていただきますマーケサーチの高瀬博之と申します。

私はマーケサーチの代替医療リサーチ部責任者として抜擢され、今年で7年目を迎えます。年齢は現在43歳です。
マーケサーチでは長年代替医療の有効性に対するリサーチを行ってきました。

ここで私事で大変恐縮なのですが、私の姉は5年前に乳がんを患い闘病生活を送っていました。
鎖骨とリンパ節への転移もみられ非常に危険な状態にあったのですが、姉は摘出手術ではなく、抗がん剤治療を中心とした乳房の温存治療を選択しました。

姉の強固な意思を感じとった私は、マーケサーチのリサーチデータをもとに、より効率的かつ、有効な治療法をピックアップし、必ずその治療法を実践するように姉と約束を交わしました。

あれから5年の歳月を経ましたが、姉は無事に乳がんを克服し元気に生活を送っています。
私どもマーケサーチのリサーチデータが有用なものだと確信できる出来事でした。

この仕事に携われたことに心から感謝しながら、これからもより有用な情報を提供できるよう全力を尽くしたいと思います。

当サイトがあなた様のお役に立てることができれば幸いです。

それではリサーチ結果をご覧下さい。

リサーチ結果:1 乳がんの標準治療について

乳がんの治療で特に注意しなくてはならないのは、転移・再発の可能性、または転移・再発してしまった場合に、どのようにして克服するかです。

乳がんは体の表面にある乳腺組織にできるがんであるため、体内の臓器にできるがんとは違い、乳がんそのものは生命には影響しません。
ですが、残念なことにほとんどの乳がんは、見つかった時点で既に目に見えない微小ながん細胞が全身のあちこちに転移しています。

転移・再発の早期発見に期待が持てるPET検査であっても、5mm以下のがんを捉えることは不可能です。

たとえ1mmの微小ながんであっても、その中には100万個ものがん細胞があり増殖を続けますが、これだけの数のがん細胞であっても、検査では異常なしと判断され、経過観察となってしまいます。

その結果、乳がん患者全体では、実に45%もの患者が初発ガンの治療後5年以内に、転移・再発がんを発症しています。

歌手の川村カオリさんが乳がん再発で亡くなられたのは記憶にも新しいことと思います。

現在、乳がんの転移・再発を発症してしまった場合に病院で行われる標準治療は、放射線治療や化学療法が治療の中心で、その目的は根治を目指すものではなく、症状の緩和や延命が中心となり、一般的に予後はとても厳しいものだとされています。

しかし今回リサーチした乳がんを克服された方々をみると、乳がんの転移・再発を発症された方であっても、また、末期がんという厳しい診断を受けられた場合であっても、標準治療と代替医療を効果的にを組み合わせることにより、克服までたどり着いた方々がたくさんいらっしゃいます。

乳がんの標準治療について

リサーチ1のまとめ

乳がんの転移・再発を発症した場合であっても、治療の選択によっては、多くの方が無事に乳がんを克服されています。

乳がんの転移・再発を発症してしまった場合その治療法は、切除手術・抗がん剤治療・ホルモン療法・放射線治療、あるいは病院治療以外の代替医療を組み合わせるという選択肢になりますが、その治療方法の選択には、ご自身のとても慎重な見極めが求められます。

今回マーケサーチでは「克服者の選択」と題し、乳がんを克服した人たちに学ぶ治療法の選択として、スポットを当ててみました。

マーケサーチ ガイドリサーチャー 高瀬博之

口コミ体験談

リサーチ結果:2 乳がん克服者が最もとりいれていた治療法とは?

昨今がん患者の代替医療の利用率では約90%にのぼり、10人中9人のがん患者が何らかの代替医療を利用しています。

代替医療といっても、健康食品から免疫療法や漢方まで様々な種類がありますが、マーケサーチでは乳がん克服者100人を対象に、どんな代替医療を選択したのか、その代替医療は効果があったと思うかなどのアンケート調査をしました。
その結果、健康食品の利用者数は90%以上にのぼり、ほとんどの方が何かしらのサプリメントとよばれる健康食品を利用していることが明らかとなりました。

乳がん患者の補完代替医療別

乳がん患者の補完代替医療別

健康食品を利用していた方を対象に、「その健康食品は効果があったと思うか」というアンケートを実施した結果、「効果があったと思う」と答えた方が実に73%にも上ることがわかりました。

乳がん患者の補完代替医療別

健康食品は効果があったと思いますか?

この中には治療時のリスクを補うためと、治療効果そのものを補うためのものがあったという答えが含まれています。

リサーチ2のまとめ

マーケサーチの調査結果では、多くの乳がん克服者が標準治療と健康食品などの組み合わせによる治療法を活用し、その「治療法が有効であった」と感じていることがわかりました。

標準治療に足りないものを健康食品などで補い、治療の成功率を限りなく100%に近づける。

これは患者が自分自身で見つけ出した治療法なのかもしれません。

マーケサーチ ガイドリサーチャー 高瀬博之

口コミ体験談

リサーチ結果:3 乳がん克服者の利用が多かった健康食品の種類

標準治療を補完する代替医療として健康食品を利用されていた方々のうち、乳がんを克服された方々が最もとりいれていた健康食品の種類を調査した結果を下記左の表にまとめました。

数々の健康食品のうち、ヒバマタフコースを利用されていた方が90%と突出して多く、2位アガリクスが60%、次いでサメ軟骨、プロポリス、メシマコブ、冬虫夏草という結果となりました。

乳がん克服者の利用が多かった健康食品の種類 乳がん克服者の利用が多かった健康食品の種類

これらの健康食品の利用は、複数の種類の組み合わせであったか、単体での利用であったかの調査結果も円グラフにまとめました。

リサーチ3のまとめ

乳がんを克服した方々は、標準治療に足りない部分を補完する形で、効果的に健康食品を組み合わせて克服を実現されています。

これら数々の健康食品の中でも、2位のアガリクスを含め、特に1位のヒバマタフコースがとりわけ注目され、補完代替医療として多くの乳がん克服者から選択されているという結果が明らかになりました。

マーケサーチ ガイドリサーチャー 高瀬博之

口コミ体験談

リサーチ結果:4 ホルモン療法など薬物療法に対する「副作用対策」

乳がんの多くが女性ホルモンの分泌と連動してがん細胞が増殖します。
そのため治療には、女性ホルモンの分泌を抑えがん細胞の増殖を防ぐ
「ホルモン療法」がよくおこなわれます。

しかしホルモン療法は治療において意図的に女性ホルモンの分泌を抑えるため「ホットフラッシュと呼ばれるほてりやのぼせ症状、イライラ、不安感」など、更年期障害に似た副作用が伴います。

ホルモン療法は長期的なスパンでおこなわれる治療で、これら副作用によるダメージは体に蓄積され、最悪の場合治療そのものを中断しなければならないことも多くあります。

リサーチ4のまとめ

乳がんを克服した方々は、標準治療に足りない部分を健康食品などで積極的に補完するだけではなく、ホルモン療法など治療がもたらす副作用に対策をし、治療を継続して受けることができる体制をしっかり整えていることが伺えます。

マーケサーチ ガイドリサーチャー 高瀬博之

口コミ体験談

リサーチ結果:5 乳がん克服者が病院治療以外の健康食品かけた1ヶ月の費用

病院以外でかかった一ヶ月の費用


リサーチ5のまとめ

病院治療以外の健康食品にかける費用としては、その種類の選択によってとても大きな差があるようです。

今回調査させていただいた乳がん克服者の中には、これらのうち1種類の健康食品を単体で利用して克服されたケースのほか、複数の健康食品を組み合わせて利用し克服されたケースもありました。

健康食品を選ぶ際は「何を基準に健康食品を選んだのか」が一番重要なポイントになるのではないでしょうか。

もちろん科学的根拠や文献などを参考に製品を選ぶことになりますが、その選択によってはとても大きな費用負担が生じることがうかがえます。

だからこそ、しっかりとした情報を集め、効率よく、より確かな治療の選択をすることが必要となるのではないでしょうか。

マーケサーチ ガイドリサーチャー 高瀬博之


リサーチ結果:6 ヒバマタフコースを実際に利用された方々の口コミ体験談

《 兵庫県H様 》

健康食品は補助的なものだとばかり思っていましたが違うものもあるのですね。
直接がんに働きかけるものがあるとは・・・

病院に言われるがままの治療をしてきましたが、転移がんの治療が難しいことを知り、健康食品のことを色々と調べ、最終的に抗がん作用が強いヒバマタフコースを取り入れました。
1年経った今ではすべての治療を終えて完全寛解という診断を頂いています。

【病院での治療内容】
抗がん剤治療 抗がん剤名:シクロホスファミド・メトトレキサート・フルオロウラシル
【代替医療の種類】
健康食品:ヒバマタフコース ビタミンC
【病院治療以外で1ヶ月にかかった費用】
5万円程度
【利用期間】
約5ヶ月

H様からのアドバイス

私の場合、治療を始めた頃は病院治療だけに頼っていましたので、副作用がきついうえに将来の見通しも立たずとてもつらい思いをしました。 
もっと早くに調べておけばよかったと思います。

ただ健康食品も何でもよいというわけではなくて、私が選んだヒバマタフコースのように抗がん作用があるものばかりだけではなく、種類によっては効果に偏りがあるようなので、自分にあったものをきちんと見つけないとだめだと思います。
病院の治療費も高額だったため初めは心配だったのですが、1ヶ月5万円程度の出費はなんとか許容範囲でしたので大変助かりました。

※これらのアドバイスや体験談はあくまで個人の体験に基づくものです。すべての方に当てはまるものではないことをご理解ください。

《 山形県O様 》

乳癌の再発と脳にも転移が見つかり、放射線と抗癌剤の併用で治療を受けることになったのですが、主治医からは全てとりきり完治させることは難しいと言われていました。

思いもよらない再発に慌てた私に、すぐに息子がインターネットで調べたヒバマタフコースとフコキサンチンを飲むことをすすめてくれました。

病院での治療がはじまってからも、前もってヒバマタフコースを服用していたからか、副作用で苦しむこともなく順調に治療が進み、治療から4ヶ月で腫瘍が確認できないほどになりました。

主治医の指示では、腫瘍が確認できなくなったとはいえ再々発の可能性が消えたわけではないので様子を見ながら治療は続行しましょうといわれていますが、私としてはこんな思っても見ない奇跡に夢のようです。

【病院での治療内容】
放射線治療 抗がん剤治療 抗がん剤名:シクロホスファミド・エピルビシン・フルオロウラシル
【代替医療の種類】
健康食品:ヒバマタフコース・フコキサンチン・にんにく卵黄
【病院治療以外で1ヶ月にかかった費用】
10万円程度(治療中) 現在は2万円程度
【利用期間】
4ヶ月(その後現在も再々発予防で継続中)

O様からのアドバイス

たくさん種類のある健康食品の中から息子がヒバマタフコースを見つけてくれたことにとても感謝しています。

息子が調べてくれた限りでは、ヒバマタフコースには癌細胞を直接自滅させる効果や、癌細胞を正常な細胞に戻す効果、免疫力を高める効果があり、一緒に飲んでいたフコキサンチンという成分には癌細胞を直接自滅させる効果を高める効果があるそうです。

私のような完治することが難しい再発癌でも治すことができたのは、ヒバマタフコースを治療前からしっかり飲むことで効果がしっかり出たこと、それから副作用が軽くすんだので病院の治療を無駄なく受けることができたのが大きかったのだと思います。

ただ普通に治療を受けていても今の自分はなかったのだろうと思います。

健康食品なので多少の費用はかかりましたが、他の健康食品に比べるとずいぶん負担を抑えられたので安心して続けることができました。なによりも命にはかえられませんし、現にこうして今癌で悩むことなく過ごすことができているのはヒバマタフコースのおかげだと思います。

※これらのアドバイスや体験談はあくまで個人の体験に基づくものです。すべての方に当てはまるものではないことをご理解ください。

《 京都府A様 》

手術後ホルモン療法を受けていたのですがリンパ節の転移と再発が見つかりました。
再発が発覚してからはしばらくの間アガリクスを飲んでいたのですが、経済的に限界がきていたところ、ヒバマタフコースというフコイダンの存在を知りすぐに乗り換えました。

合わせてホルモン療法の副作用対策も行いました。
ホルモン療法の影響でイライラやほてり、動悸などが出ていて夜も眠れず非常にストレスがたまってしまっていたからです。

眠れない状態が続くと免疫力も下がり、治療に影響が出ると昔読んだ本に書いてあったため、再発治療とは別に副作用対策もしました。
ヒバマタフコースに乗り換えて1ヶ月ぐらいたったころから、今まで変化のなかった癌が小さくなりはじめ、3ヵ月後には完全に克服することができました。

経済的な理由でアガリクスを中止して、ヒバマタフコースに乗り換えるときはこれでよいのかと不安があったのですが今は乗り換えてほんとうに良かったと思います。
このレポートを拝見して、あらためてヒバマタフコースの抗がん成分のすごさに驚いています。

【病院での治療内容】
外科手術 ホルモン療法 タモキシフェン
【代替医療の種類】
健康食品:アガリクス〜その後ヒバマタフコースとフコキサンチン
【病院治療以外で1ヶ月にかかった費用】
20万円〜その後10万円程度
【利用期間】
5ヶ月(アガリクス2ヶ月〜ヒバマタフコース3ヶ月)

A様からのアドバイス

健康食品にはいろいろな種類があって私も本当に迷ったのですが、自分の症状にあった効果があるものを選択することはもちろんのこと、飲みやすくて無理なく続けられるものを選ぶことが大切だと思います。

それから、私のような再発がんでも、治療法によってはしっかり完治することができるのだということを1人でも多くの方に知っていただきたいです。

※これらのアドバイスや体験談はあくまで個人の体験に基づくものです。すべての方に当てはまるものではないことをご理解ください。

《 東京都K様 》

鎖骨にまで転移があった私が乳がんを克服することができたのは、やっぱりヒバマタフコースを治療の早い段階で取り入れたからだと思います。

抗がん剤の治療前から事前に準備してヒバマタフコースとフコキサンチンを一緒に飲むことができたのがその後の順調な治癒につながったのだと思います。

克服できたのは、自分で納得して治療方法を選んだ結果だと思います。
今は病院の治療は終わり乳がんは克服することができましたが、念のために再発予防のため量を減らして飲用をつづけています。

【病院での治療内容】
外科手術 放射線治療 抗がん剤治療 抗がん剤名:ドキソルビシン・シクロホスファミド
【代替医療の種類】
健康食品:ヒバマタフコース・フコキサンチン
【病院治療以外で1ヶ月にかかった費用】
10万円〜5万円程度(治療中) 現在は3万円程度
【利用期間】
3ヶ月(その後現在も再発予防で継続中)

K様からのアドバイス

健康食品にも効果的な飲用量があるようで、私の場合、最初の2ヶ月はヒバマタフコースとフコキサンチンを集中して飲み、その後は良い治療結果がでるのに合わせて量を減らしていきました。

不思議とヒバマタフコースを飲んでいたからか副作用らしき症状はほとんどなく、食欲も普通にありましたので体力もそれほど落ちずに主治医の先生もびっくりするような速さで治癒することができました。

私はヒバマタフコースのアポトーシス作用が効果的に働いた結果だと思います。
幸いにも鎖骨の転移は放射線治療ですぐに治すことができ、原発の乳がんも今のところ 再発することなく完治しています。

私の場合、症状が良くなるにつれて、どんどん量を減らしていったので費用面でもトータルで考えても大きな負担にはなりませんでした。

※これらのアドバイスや体験談はあくまで個人の体験に基づくものです。すべての方に当てはまるものではないことをご理解ください。

10人中9人が利用している代替医療〜乳がん克服者を中心にリサーチ〜

特集 乳がんをいかに克服するか 乳がん克服者の選択のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回マーケサーチが乳がん克服者の治療法をリサーチするにあたり結果として見えてきたものを簡単にまとめたいと思います。

今回の調査で見えたものとして、まずはやはり標準治療の限界という大きな問題でした。
わが国日本には世界的に医療先進国とされているにもかかわらず、いまだがんという病を完全に根治させる医療技術は残念ながらありません。

90%以上の患者さんが何かしらの代替医療を行っているところを見るとやはり標準治療には足りないものがあり、その足りないものを代替医療で補うことで100%に近い形で治療を進めたいという気持ちが表れていたような気がします。

その中でも特に顕著だったのが健康食品の活用です。
その健康食品の中でも、2位のアガリクスを大きく抜き、とりわけヒバマタフコースを利用し完全寛解に達していた方が非常に多いことがわかりました。

1990年代の後半には健康食品の代表的な存在であったアガリクスですが、その後のヒバマタフコースの飛躍的な研究解明の結果、現在ではヒバマタフコースが標準治療と併用される健康食品の代表的な存在として多くの乳がん克服者から支持されていることが明らかになりました。

そのヒバマタフコースが、多くの乳がん克服者から最適な代替医療として選択された背景には、単なる民間療法的なものではなく、海外の研究者や、国内の各大学、研究機関をはじめとする最先端科学の研究結果に基づいたものであることがうかがえます。

与えられた標準治療だけで満足するのではなく、ご自身やそのご家族なりがしっかりと情報を集め、前向きに治療を選択する。

すべての方にあてはまるとは、けっして言うことはできませんが、試してみる価値は十分にあるのではないでしょうか?

マーケサーチ ガイドリサーチャー 高瀬博之



 内容について:   参考になった  やや参考になった 
  どちらでもない  あまり参考にならなかった
 ご意見・ご感想(最大250文字)  
 ※ご質問・ご依頼等への対応は行っておりません
 
 性別:   男  


乳がん克服者たちの治療統計とアドバイス集をご覧いただいた方からの感想

大阪府S様

病院治療以外にも、代替医療を取り入れている方が沢山いらっしゃるのだと初めて知りました。
やはり完治に向けては、病院治療だけに頼るのではなく代替医療も合わせて行うのが今は一般的なのですね。

兵庫県T様

このサイトを見つけて本当によかったです。
もし教えていただいてなかったら今頃、余命宣告されていたころだと思います。
ありがとうございました。

東京都O様

現在、健康食品を利用中です。
自分の判断で始めた健康食品ですが、治療と一緒に使われている方が多いと知り、安心しました。
がん治療には前向きな気持ちも大事なので完治に向け、頑張っていきます。
心強い情報をありがとうございました。

長野県N様

副作用も軽くなり、なんと腫瘍も小さくなっていると担当医師から言われました。
周りの治療中の方にも教えてあげたらとても喜ばれました。
これからも情報を期待しています。ありがとうございました。

※これらの感想はあくまでも個人の体験に基づくものです。


【当サイトに記載されている感想や体験談について】
これらの感想や体験談はあくまでも個人の体験に基づくものです。
すべての方に当てはまるものではないことをご理解ください。
また、治療方法の選択はあくまでもご自身の判断となることをご理解いただいたうえ参照ください。

【個人情報の取り扱いについて】
ご投稿の際に公開の可否をお伺いいたします。
「公開しない」をお選びいただいた方のご投稿内容は第三者への漏洩等が行われぬよう最善の注意を払い、取り扱うことをお約束いたします。 個人情報の取り扱いにご同意いただける方のみ、ご投稿して下さい。 ご投稿いただいた方に「抗がん食品大辞典」を無料進呈中です!

【当サイトの運営について】
当サイトはご投稿いただいたがん治療に関する情報(公開を承諾いただいた方のみ)の書籍の出版、及びインターネットにて情報を発信することを目的としたサイトです。
なお、当サイトの運営費は下記書籍等の販売収入にてまかなっております。
是非、この機会にお買い求め下さい。
運営者:高瀬博之(マーケサーチガイドリサーチャー)
メールアドレス:info@suppresearch.com

【ご訪問者様が受けられるサービスについて】
弊社に保管するがん治療情報をインターネットにて提供することを目的としています。

乳がん発症から5年を経て、「完治された方」からのアドバイス募集

当サイトは、Amazonでの書籍販売アフィリエイト広告の報酬額によって運営されております。
当サイトの継続運営のために是非ご協力いただけますと幸いです。